browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

未来の産業用太陽光発電システム

SF映画などでは、宇宙に直接太陽電池を浮かべて、そこから電力を得ているという話がありました。

それは最早実現可能なところまできています。

全くすごい時代になったものです。

こんな時代にこそ産業用太陽光発電を積極的に取り入れるべきでしょう。

私達は今までの発電方法から脱却して未来のエネルギーについて、柔軟に思考を広げる必要があると考えるわけです。

そんな思考実験の一つとして今回の記述を書き記そうと考えます。

私の想像する未来の世界の発電方法は、産業用太陽光発電システムがもっと発展したシステムとなってます。

それは空気中にナノマシンを散布して、そのナノマシンは極小のソーラーパネルなのです。

そんな極小の太陽光発電システムが世界中に広がっているため、昼間は太陽のエネルギーをナノマシンが電気に変換してそれを蓄電池に送る仕組みを考えました。

いっそのこと、蓄電池も内蔵した、ソーラーパネルと蓄電池一体型のナノマシンなら便利ですね。

太陽の力を吸収したナノマシンは、人々が呼吸するたびに体に取り込まれていきます。

それは人工臓器を動かすためのエネルギーとなるため、人々は呼吸するだけで生きていけるというわけです。

これはロボットたちにしても同じことがいえるのです。

産業用太陽光発電は今やナノマシンと化しており世界中のエネルギーが必要な物体の全エネルギーを賄っているということです。

産業用太陽光発電システムがナノマシンと融合を果たすと、地球規模の発電が可能となり、世界は今よりはるかに進化した世界となるでしょう。

先ほど述べた人工臓器にしても無限のエネルギー供給により止まるということがありません。

それはどういうことかというと、人はついに不老不死となるわけです。

完全に話が飛躍しているとお思いでしょうが、現状のエネルギーというものが、尽きることが前提ですから、人もまた発展が遅れていると言えるのではないでしょうか。

現在の発電システム自体が摩擦力に変わる過程で、限りなくゼロになってしまいます。

そんな現象があるために、人が労働によって生み出すエネルギーすらも、摩擦エネルギーに変換され、やがて文字通り擦り切れて無くなるのです。

人の一生なんて、擦り切れておしまいだと考えるとものすごく悲しい気持ちにさせられてしまいますね。

ところが産業用太陽光発電システムならば、摩擦エネルギーに変換されることなく発電できます。

こうして、未来の世界は無限のエネルギーを手に入れて幸せに暮らすことができるようです。

以上で思考実験を終わりたいと思います。

付き合ってくれた皆様どうもありがとうございます。


© 2016 産業用太陽光発電を設置しよう