browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

進化の鍵は産業用太陽光発電

私の思考実験なのですが、実は私、新しいエネルギーについて考察するのが大好きなのです。

そんなわけですから、今回の産業用太陽光発電の記述が書けるとなって、喜んでいたのです。

考えてみれば人間って、エネルギーの代わりに動いてると言っても過言ではないと考えています。

例えば無限のエネルギーがあるなら人は最早、働かなくても生きていられると言い切ることができます。

例えば昔、燃料を得るために過酷な炭鉱作業をしていた人々を考えると、弊所恐怖症の私にはとても耐える事はできません。

そしたら誰かが石油を発見して、莫大な利益を得ました。

要するにエネルギーはお金になるのです。

石油は産業を大きく発展させたのです。

現在の世界が築けたのも石油のお陰でしょう。

そんな石油も使い尽くしたらどうしますか。

あとは原発か、そうです産業用太陽光発電しかありません。

発電効率を考えると原子力発電を考えるのですが、放射能に対する対策が難しく、国家は今でも頭を悩ませております。

その点太陽光発電なら放射能は全く出ないクリーンエネルギーですので安心できます。

太陽光発電を産業用にした、産業用太陽光発電というカテゴリなら、家庭用太陽光発電よりも使用頻度も高く進化するスピードも早いでしょうし、太陽光発電が世界中に広がった時、新たなる進化が始まるような気がします。

こういった進化はどうでしょうか。

今はパネルになっている太陽光発電ですがゆくゆくは、曲面ですらも太陽光発電のソーラーパネルに変えてしまうというわけです。

材料自体が太陽光を電気エネルギーに変換するようになればすごい世界に変わってしまうことは間違いありません。

私はこのような世界が絶対にやってくると考えております。

というか実現させたいと考えております。

人が自分のしたいことを自由にするためには、太陽光発電システムによる無限のエネルギー変換による世界しかありえません。

人類の進化の最終局面は産業用太陽光発電システムにきまりです。

と長々語ってましたが、私の場合はソーラーパネルがこのままパネルで終わることがないのを知っていますので、この先の進化を予測しますと、まず人のもつ情報端末はやがて、太陽光発電内蔵型にすべて変わるはずです。

これは言い切ることができます。


© 2016 産業用太陽光発電を設置しよう